« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

5/31 読んだ本

『忘れないからね』狗飼恭子

ナルホドと思った文章が。

なにもかも捨てることができるってことは、確かに強い。
だけどなくしたくないものや捨てたくないものの手を離さないことだって、強さなんだ。

さて。
明日から6月。
本を読むペースを維持するか、落とすか迷い中。
買っても買ってもキリがないので…(ё_ё)

| | コメント (0)

5/30 読んだ本

『生まれる森』島本理生
『8月のクリスマス』白石まみ

島本理生はやっぱりヒリヒリする。

でも、この人の作品は好きです。

彼女を紹介してくれたtomさんに感謝です!


8月の〜は山崎まさよしが主演してた映画です。
悲しいけど、温かい話でした。
映像で観てみたいなって思いました。

| | コメント (0)

5/29 読んだ本

『手紙』東野圭吾

電車じゃなかったらラストは号泣でした(T_T)

重い!

けど、見事な作品だと思います。

| | コメント (0)

5/28 読んだ本

『好き』狗飼恭子

普通に恋愛小説でした。
ドロドロしてなくて読みやすかった。

| | コメント (0)

5/26 読んだ本

『佐賀のがばいばあちゃん』島田洋七

おもしろーい!
で、何ヶ所かホロっとしたり。

サークルの後輩が絶賛していたのと、母も前に面白いと言っていたので。(家にあった)

| | コメント (0)

5/25 読んだ本

『一緒にいたい人』狗飼恭子
『孤独か、それに等しいもの』大崎善生

| | コメント (0)

5/24 読んだ本

『地下鉄(メトロ)に乗って』浅田次郎
『南国再見』狗飼恭子


メトロは映画を見に行くか悩み、重たそうで結局やめた作品。
確かに重め。
でも、救いというか、希望があります。

やっぱりこの人の作品は好きだなぁ。

『鉄道員(ぽっぽや)』でも涙。

本当に本当に優しい物語を書く人だと思う。

親子愛とそれに収まらないくらい深い愛情とか、優しさに溢れた作品です。
ラストの展開には鳥肌がたちました。
予告と内容がリンクしました!

| | コメント (0)

5/23 読んだ本

『スローグッドバイ』石田衣良


気になってた作家さんなので読んでみました。

ふむ…。
短編集だったのもあり、色がわからなかった。
他の有名どころも見てみよー

| | コメント (2)

お騒がせしました…

1年ぶりくらいに、市販薬が効かないような偏頭痛に襲われる。

吐き気、めまい、痛み。
電気の明るさも、ご飯の匂いも、キーボードを叩く音も辛い。

結局早退して、昨年、脳外科で処方された薬と同じものを会社近くの病院で処方してもらう。

帰宅して安静にしてたら頭の奥はまだ痛むけど、だいぶ楽になりました。。

偏頭痛って人には見えないから、辛くても理解されにくいと思う。

もっと認知度高くなればいいのにな歖


今回は思い当たる原因もないのだけど糕

| | コメント (0)

5/20 読んだ本

『アジアンタムブルー』大崎善生


友達の勧めで読み、最後は泣きました。
言葉選びがきれい。

| | コメント (0)

5/18 読んだ本

『インストール』綿矢りさ
『シルエット』島本理生
『雪を待つ八月』狗飼恭子


気づけば日が変わってた。。

| | コメント (0)

5/15 読んだ本

『ナラタージュ』島本理生

<div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404873590X/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/218S7682SWL.jpg" alt="ナラタージュ" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="float:left;margin-left:15px;line-height:120%"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASI

書籍・雑誌 | | コメント (2)

5/14 読んだ本

『彼の温度』狗飼恭子
『リトル・バイ・リトル』島本理生

最近、e-BOOK OFFを活用しています。
1500円を越えたら送料は無料。
文庫も単行本も安い。
重たい思いはしなくていいし、一気に探せるから便利。
本たちが読んでくれと、待機しています。

本来は、本はもっとゆっくり消化するべきかもしれないけれど。

| | コメント (0)

走ること

最近決めたんですけど、夜走ってます。

さすがに復路は歩いてますが。

いろんなこと忘れて、何も考えないようにして、頭のなかを空っぽにして走るのは心地よい。汗をかくのすら。

夜の幹線道路はキレイで好き。あの暗さも明るさも好き。

最近、あんなに音楽好きだった私ですら音楽を聴く気分にもならなくて本ばかりでした。 走るときくらいは音楽があってもいいかもしれない。

今日は最近好きな『超飛行少年(スーパーフライングボウイ)』を連れて走ってみよう。

| | コメント (0)

5/12 読んだ本

蹴りたい背中』綿矢りさ
国境/太陽』狗飼恭子

<div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840118280/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/21F+xlEyWbL.jpg" alt="国境,太陽" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="float:left;margin-left:15px;line-height:120%"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840118280/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">国境,太陽</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4840118280/" title="国境,太陽" target="_blank">amazlet</a> on 07.05.25</div></div><div class="amazlet-detail">狗飼 恭子 <br />メディアファクトリー (2007/03)<br />売り上げランキング: 54324<br /></div><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840118280/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>

私は狗飼恭子の書き方は好きだと思った。

私にとっては、映画は趣味であり娯楽だけど、本を読むことは娯楽でも趣味にもなっていないと思う。

時間であったり、気持ちであったり、何かを埋めたいからだと思う。

| | コメント (0)

5/11 読んだ本

GO』金城一紀
次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』柴崎友香

次の町まで〜は、私は好きではなかった…。関西弁で書かれてたのが一つにあり。

| | コメント (0)

5/8 読んだ本

行き帰りの電車で読み終わりの二冊

星の王子様』サンテグジュペリ
パイロットフィッシュ』大崎善生

<div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043740018/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/11E8C2MFVHL.jpg" alt="パイロットフィッシュ" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="float:left;margin-left:15px;line-height:120%"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043740018/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">パイロットフィッシュ</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4043740018/" title="パイロットフィッシュ" target="_blank">amazlet</a> on 07.05.25</div></div><div class="amazlet-detail">大崎 善生 <br />角川書店 (2004/03/25)<br />売り上げランキング: 80705<br /></div><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043740018/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>

明日はもう1冊何を読もう。
オススメがあれば教えてください。

| | コメント (0)

5/6 読んだ本

そのときは彼によろしく』を読みました。

<div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094081607/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/11gihBR0DmL.jpg" alt="そのときは彼によろしく" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="float:left;margin-left:15px;line-height:120%"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094081607/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">そのときは彼によろしく</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4094081607/" title="そのときは彼によろしく" target="_blank">amazlet</a> on 07.05.25</div></div><div class="amazlet-detail">市川 拓司 <br />小学館 (2007/04/06)<br />売り上げランキング: 902<br /></div><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094081607/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>

いま、会いにゆきます』の、市川拓司の本。

<div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409386117X/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/11MS1R84CDL.jpg" alt="いま、会いにゆきます" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="float:left;margin-left:15px;line-height:120%"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409386117X/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">いま、会いにゆきます</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/409386117X/" title="いま、会いにゆきます" target="_blank">amazlet</a> on 07.05.25</div></div><div class="amazlet-detail">市川 拓司 <br />小学館 (2003/03)<br />売り上げランキング: 30594<br /></div><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409386117X/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>

映画になる前に、と読みました。

普段、私が読書をあまりしないのは、感情移入しすぎちゃうから。
あと読むのが早いから、、
結局数日かけて楽しもうと500ページの本を買っても、電車に乗ってる数時間。。
みんなそんなものなのかしら…。
あっという間過ぎて、悲しいのでした。

話自体は夢のきれいな話でした。
どう映像化するんだろ?

| | コメント (0)

いろんな罰

なんだか今までの罰が当たった気がします。

| | コメント (0)

スパイダーマン3

スパイダーマン1〜3を駆け足で見倒しました!

スーパーマンも爽快で人間を越えてて好きですが、スパイダーマンの人間臭いところは良いと思います(^_^)b

150分越えの作品でしたが、没頭して見てました。

最近、映画を見れてなかったので、また再開しなきゃというかんじです。

買ってあるDVDが溜まる一方…

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »